副業が確定申告で『バレない』方法と副業が『バレる』人の共通点をまとめてみた

会計

「確定申告やマイナンバーで会社に副業しているのがバレてしまったらどうしよう」
「副業しているけど確定申告って必要なの?確定申告すると会社にバレないの?」

最近インターネットを使って手軽に副業ができるようになり、多くのサラリーマンの方が副業をしています。副業で一番怖いのが会社にバレてしまうこと。実は会社にバレてしまう大きな原因が確定申告にあります。

副業を禁止している会社にあなたが副業していることがバレてしまったら?

会社での悪い評判が広がってしまったり、最悪の場合に解雇になってしまっては目も当てられません。しかし副業がバレるのが嫌で収入があるのに確定申告を行わないのは法律違反となってしまいます。

わたしもコッソリ副業をしているサラリーマンです。副業をするのはいいけれど会社にバレてしまうのは本当にコワイので色々調べました。幸いにも、まだにわたしは会社にバレていません。

そこで今回は副業が確定申告で会社にバレない方法とバレてしまう人の共通点をまとめてみました。

会社が副業していると分かってしまうのは住民税

なぜコッソリ副業しているのに会社にバレてしまうと思いますか?

それは あなたの給料から天引きされる税金(住民税)によってバレてしまうのが大きな原因です。 住民税はあなたの収入によって収める金額が変わってきます。

あなたの本業と副業の合わせた収入によって決定した住民税が会社に知らされます。会社経理担当はあなたと同じ位の収入がある人と比べて住民税が高くなっていれば 「あれ?ちょっと高くない?もしかして副業しているんじゃないの?」 と思ってしまいますよね?

会社にバレないようにするためには確定申告で住民税の本業分と副業分を分ける『普通徴収』を選ぶ必要があります。

確定申告で重要!『普通徴収』でバレるのを防ぐ

住民税を会社から天引き徴収される「特別徴収」では副収入がある場合に会社にバレてしまう危険があります。

副収入分を自分で納付する「普通徴収」を選択すれば会社にバレることがなくなります。

特別徴収
給与所得者については、給与を支払う者(事業主)が、その年の6月から翌年の5月までの12回に分けて給与から天引きし、事業主が取りまとめて納付する。

普通徴収
通常、毎年6月に、市町村・特別区から納税義務者に税額通知書(納付書)が送付される。 この納付書により市区町村役場や金融機関、郵便局などの窓口で支払う

出典:wikipedia

確定申告で『普通徴収』を選ぶためにはどうすればいいの?初めてだから分からないよ

初めて確定申告を行う場合にはどうすればいいのか分かりませんよね。確定申告のときに『普通徴収』は簡単に選択することができます。住民税の申告の欄にある 【自分で納付】 にチェックするだけで『普通徴収』が選択できます。

住民税申告

*ここで注意しなければならないのが事業主からの給料が発生するアルバイトの場合には『普通徴収』を選択することができません。

副業で確定申告が必要な場合は収入20万円以上?

相談

副業でどのくらいの収入があれば確定申告が必要なの?

副業で得た収入のうち、必要経費を除いた金額が20万円以上のときに確定申告が必要になってきます。もしも副業の収入が20万円あったとしても、必要経費が1万円あれば確定申告の必要はありません。

けれど例外として20万円以下であっても申告が必要な場合もあります。それは他のところで給与として収入があるアルバイトをしている時です。

なぜ20万円未満なのに確定申告が必要なの?

給与が発生するアルバイトの場合には課税対象になっているため確定申告が必要になります。副業先での源泉徴収票を確定申告時に提出しなければなりません。

副業での収入が20万円未満ならば何もしなくてもいいの?

副業で得た収入のうち、必要経費を除いた金額が20万円以下であれば確定申告は必要ありません。ですが20万円以下で免除されるのは所得税だけで住民税の申告義務はあります。その場合には税務署ではなく、あなたの住んでいる市町村に申告が必要です。

確定申告したのに副業がバレる人の共通点は【確認】にある

確定申告したのに副業が会社にバレる人の共通点は、あなたの住んでいる市町村の役所の間違いで「特別徴収」されてしまうこと。膨大な人の住民税を人の目で確認しているので見落としもあります。確定申告で「普通徴収」を選択し、役所に確認するのをおすすめします。

確認したのになぜ?マイナンバーでアルバイトでの給与はバレてしまう

マイナンバーの導入によってアルバイトを行っている方は不安になってしまいますよね?

アルバイトは事業主からの給与があり「普通徴収」が選択することができません。マイナンバーによって徴収漏れがなくなり、会社にバレる危険があります。各自治体とアルバイトを「普通徴収」してもらえるか相談してみてください。アルバイトの場合にはどうしても会社にバレるリスクが高くなるので、インターネットなどを使った副収入をおすすめします。

サラリーマンが会社にバレない在宅ワーク副業でコッソリ稼ぐ方法
「もう少しお金が欲しい」 「会社とは別に自宅でコッソリ副業したい。」 「会社にバレないで在宅ワークとかできるかな?」 と悩んでいません...


クラウドワークス

クラウドワークス
moppy(モッピー)

もしも確定申告忘れで会社にバレてしまったら?

もしも普通徴収をするのを忘れてしまった!会社に住民税について聞かれたらどうすればいいの?

副業しているのが会社にバレて困るのであれば、「投資で収入があったので」と言えばその場はなんとかなるでしょう。ですが出来る限り確定申告で普通徴収を忘れないことが大切ですよ。

確定申告はしっかりやろう!しなければ重い懲罰となる

納税は義務です。もしも20万円以上の収入があったのに納税していなければ追加で懲罰を受けることになります。もちろん会社にもバレてしまい、納税できなければ差し押さえもされてしまいます。確実に確定申告してください。

副業がバレないために重要な方法 まとめ

    ・必要経費を除く副収入が20万円以上の時には確定申告が必要
    ・アルバイトの場合には20万円以下でも確定申告が必要
    ・確定申告では『普通徴収』を選択
    ・『普通徴収』を選択後はあなたの住んでいる市町村役場に連絡し確認する
    ・アルバイトは原則『特別徴収』。普通徴収にできるかあなたの住んでいる市町村役場と相談しよう
    ・納税は義務