サラリーマンは副業で起業(青色申告)すべき?個人事業主のメリット・デメリット

sandid / Pixabay

「順調に副業して収入が増えてきたけど青色申告した方がいい?」
「青色申告のやり方がよく分からない。」
「サラリーマンの副業を『青色申告』するとどんなメリット・デメリットがあるの?」

会社の給料だけでは昇給は生活が難しい時代。そして多くの方がインターネットを使って手軽に副業や在宅ワークをできるようになってきています。
通常サラリーマンの方は会社で年末調整してくれるので確定申告は必要ありませんが、副業を行っているサラリーマンの方は確定申告が必要。そこで気になるのが 【節税対策】です。

確定申告時に記載する『白色申告』と税金面的に優遇される『青色申告』。今までは会社が全部やってくれましたから実際やってみると難しい!そもそも知識が足りません。ですがある程度の収入がある副業ならば必要になってくる【節税対策】。

今回はサラリーマンの方が『青色申告』ってできるの?『青色申告』するにはどうすればいいの?『青色申告』することでどんなメリット・デメリットがあるの?『青色申告』をする場合の目安はあるの?を調べてみました。

そもそも『白色申告』と『青色申告』の違いは?

分かれ道

確定申告で提出する申告制度には『白色申告』と『青色申告』があります。控除がない『白色申告』に比べ、青色申告は10万円控除と65万円控除があり優遇されています。『青色申告』を行う場合には税務署で申請書類を提出して承認が必要です。

青色申告
原則として複式簿記方式により毎日の取引を帳簿へ記録し、それに基づいて所得を申告する制度です。税務署に申請書類を提出し、承認を受けることが条件となります。

そして、青色申告にすることで、白色申告に比べて
必要経費として認められる科目数・金額の増加
所得金額から控除される科目数・金額の増加
というメリットがあります。

白色申告
青色申告の申請を行っていない人が使用しなければならない申告制度です。

出典:http://inqup.com/aoirosinkoku-tax-cal

「控除があって節税できるなら『青色申告』した方がいいじゃない?」と思いますよね。サラリーマンの副業で『青色申告』するには事業所登録が必要となったり、『白色申告』より細かく収支の帳簿をつける必要があるのでメリットばかりではありません。

サラリーマンでも『青色申告』できるの?

サラリーマン

サラリーマンでも青色申告できます。

サービス業や小売業の【事業所得】・マンションなどの【不動産所得】があれば青色申告を行います。サラリーマンの副業は通常【雑所得】となりますが、税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」「所得税の青色申告承認申請書」を提出して税務署に承認してもらうことができれば【事業所得】となり青色申告することができます。

サラリーマンが『青色申告』するには事業所登録が必要!

考えるサラリーマン

サラリーマンが青色申告を行うためには【開業】しなくてはなりません。青色申告の承認を受けようとする年の3月15日までに税務署に提出し承認されるとあなたは「個人事業主」となり副業の収入は「雑所得」から「事業所得」になります。そして青色申告が提出可能になります。

サラリーマンが副業で行う『青色申告』のメリット5つ

驚くサラリーマン

青色申告は税金面で最大65万円特別控除される

白色申告の控除0円に比べて、簡易簿記での青色申告であれば10万円の特別控除。複式帳簿であれば65万円の特別控除を受けることができます。必要経費にできる項目や控除額が大きくかなりの節税対策となり青色申告にする最大のメリットです。

赤字を給料所得から相殺できる

白色申告では副業は「雑所得」でしたが開業したことで「事業所得」となります。「事業所得」の赤字は会社の「給与所得」に補填することができ、節税することができるようになります。

赤字を3年間繰り越せる

青色申告ができれば赤字のを3年間繰り越すことが可能になります。

30万円までの減価償却資産を一気に経費にできる

大きな出費のパソコンなどは数年かけて経費として消化するが青色申告した場合には必要経費として30万円まで一気に経費にすることができる

家族への給与が必要経費にすることができる

妻など15歳以上の家族も従業員として雇用して給与分を必要経費とすることができます。

サラリーマンが副業で行う『青色申告』のデメリット3つ

Bad

書類の手間が大変

特に複式帳簿の青色申告の場合には詳細な収支を記載する必要があり専門的な知識が必要になってきます。さらに管理が大変になるので最初は税理士さんなどに相談した方がいいです。

会社にバレる危険が高まる

会社がもしも副業を禁止しているところであれば青色申告するのは避けたほうがいいですよ。会社にバレる原因は住民税ですが所得の相殺などでバレてしまう危険が高まります。もしもあなたが疑われた場合に切り抜ける自信があればいいですがオススメしません。

失業手当てが出なくなる

もしも会社を退職することになった場合にハローワークから出業手当は出ません!後ろ盾がなくなります。副業を頑張るしかありません。

サラリーマンが副業を『青色申告』した方がいい目安

本業の収入を上回り安定的な収入を確保できる場合、会社をすぐに辞めることになっても平気なほどの収入がある場合以外はサラリーマンが副業で『青色申告』するのをオススメしません。

サラリーマンは副業で起業(青色申告)すべき?個人事業主のメリット・デメリット まとめ

    ・個人事業主となり青色申告をした場合には控除があり5つのメリットがある
    ・サラリーマンが副業で青色申告した場合には3つのデメリットがある
    ・サラリーマンが副業で青色申告する場合は失業手当や会社にバレてもいい場合に限る