副業サラリーマンの正しい確定申告の書き方!会社にバレない方法

いくら働いても給料が増えていかない時代。最近では残業もできなくなり収入が激減。収入を増やしたいと副業するサラリーマンの方が増えています。副業で得たお金の確定申告で悩んでいませんか?

最近では副業を認めている企業もありますが、未だに副業を禁止している会社も多いです。そこで問題になるのが確定申告です。

「副業の収入分を確定申告しなくちゃいけないけど、副業をしているのが会社にバレるのは困る!」
「今までは会社が全部やってくれていたし確定申告したことがなくてやり方や書き方がよく分からない!」
と悩みますよね。

そこで会社にバレないための副業サラリーマンの正しい確定申告のやり方と書き方を紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




あなたは確定申告の必要がある?副業サラリーマンが確定申告しなければならないのは20万円以上

まず確定申告の書き方ややり方の前にあなたが確定申告をする必要があるのかを見てみてください。

副業(雑所得)で年間20万円以上の所得があったときに確定申告が必要となります。

雑所得とは、他の9種類の所得のいずれにも当たらない所得をいい、公的年金等、非営業用貸金の利子、著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料や放送謝金などが該当します。
出典:国税局

他の9種類(一時所得や山林所得、給与所得など)以外を全て雑所得となるので、ネットオークションやアフィリエイト・ブログ収入・クラウドソーシングなどの副業は『雑所得』扱いとなり、雑所得の合計が20万円以上の時に確定申告が必要になります。

20万円以下でもアルバイトは確定申告が必要!

アルバイトの場合には雑所得ではなく『給与所得』になるので20万円以下であっても確定申告が必要です!

給与を2か所以上から受けていて、かつ、その給与の全部が源泉徴収の対象となる場合において、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)との合計額が20万円を超える方

出典:国税局

アルバイトの場合には本業の給与所得とアルバイトの所得が合算されてしまいます。合算された金額が会社に通知されてしまうため副業がバレてしまう恐れがあるのでアルバイトでの副業はオススメしません。

「副業でアルバイトを行いたい」 「アルバイトを行っているけれど副業がマイナンバーでバレないか不安」 もしも副業禁止の会社で副業しているの...

副業サラリーマンの正しい確定申告の書き方

pexels-photo

副業が会社にバレてしまうのは住民税の増加が原因です。
住民税はあなたの年間の所得によって決定し市役所から会社に通知されます。あなたの所得が多くなれば住民税も高くなるため会社にバレてしまう恐れがあるんですね。

そこで、副業で稼いだお金の分の住民税を自分で支払う 『普通徴収』 に選択しましょう。

普通徴収
通常、毎年6月に、市町村・特別区から納税義務者に税額通知書(納付書)が送付される。 この納付書により市区町村役場や金融機関、郵便局などの窓口で支払う(口座自動振替によることもできる)。 納期は(市町村により若干異なるものの)通常、6月・8月・10月・1月の4期である。
特別徴収
給与所得者については、給与を支払う者(事業主)が、その年の6月から翌年の5月までの12回に分けて給与から天引きし、事業主が取りまとめて納付する。
出典:Wikipedia

副業しているなら普通徴収にチェックをする

確定申告Bの第二表に住民税に関する項目があります。徴収方法の選択で【自分で納付】にチェックをいれてください。

住民税申告

これで『普通徴収』になります。

副業で稼いだお金の分の住民税を『普通徴収』にして自分で支払えば、会社には住民税でバレる心配はありませんよ。

会社にバレないためには20万円以下でも住民税は払う必要あり

驚くサラリーマン

確定申告で行うのは所得税と住民税ですが、20万円以下で確定申告を行わなくていいのは所得税のみです。 20万円以下であっても住民税に関しては申告の必要がある ので注意してくださいね。

確定申告は税務署で行いますが住民税のみでは市役所で行います。市役所の税務担当の方に「普通徴収にしたい」とお願いしてみましょう。

副業サラリーマンの正しい確定申告の書き方!会社にバレない方法 まとめ

副業する場合には会社にバレないようにしっかりと準備して行うのが大切です。お金が欲しいとアルバイトするのではなく、普通徴収ができるネット副業をオススメします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告