サラリーマンの私が『副業がバレない』8コの方法

サラリーマンバレない副業

どうも、こんにちは。あまり大きな声では言えませんが、副業禁止の会社でコッソリ副業しているサラリーマンのkazuです。

わたしは「給料も少なくて生活が厳しい。節約するにも限界だよー。昇給の見込みもないし、副業で自分で稼ぐしかない!」と副業を始めちゃいました!

それから10年以上会社には未だにバレていません。最近では副業を認める会社も増えてきましたが、まだまだ副業禁止の会社が多いし周りに「ワタシ副業してます!」とは言えない環境ですよね。

私と同じような環境で「副業を始めてみたい。副業禁止だけどコッソリやりたい」という方に私が会社にバレないように注意していることを書いていきます。ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




サラリーマンの副業だから在宅でやりたい!

正直以前は仕事が終わってからアルバイトをやっていた時期もありました。でもダブルワークって疲れるんですよね、家に帰ったら寝るだけで朝がキツかったり。

結局バイト時代は少しやって辞めて、また少しアルバイトしたら辞めての繰り返しでした。ネットが発展してなかった時代はそんな感じでした。ネットが発展してから私が選んだのは自宅にいながらでもできるインターネットの副業。自宅でできるネットでの副業なら副業禁止でもコッソリできるし、何と言っても自宅でゆったり自分のペースでできること。

アルバイトと比べたら身体の疲れもほぼ無いし、本当に在宅でも副業が楽にできるようになりオススメです。そんな私が、いろいろな副業を経験して注意しなければならないコトを解説していきます

バイトはしない

副業として1番頭に思い浮かぶのが接客業などのアルバイト。わたしもまずはアルバイトをしていました。でも、副業でのアルバイトは会社にバレてしまう可能性が非常に高いんです。

アルバイトの場合手っ取り早くて簡単にお金を稼ぐとこができますが、アルバイトなどの雇われての副業を行った場合には、どうしても所得税が上がってしまいます。

副業の場合には確定申告の時に『普通徴収』を選べばバレないですが、アルバイトなどの雇われの副業は必ず『特別徴収』となり副業と本業との収入合計からの所得税が通知されるんです。

収入が多ければ会社の事務にバレてしまいます。私の場合には運よくバレませんでしたが(多分・・・)アルバイトの副業はおすすめしません。

いくら働いても給料が増えていかない時代。最近では残業もできなくなり収入が激減。収入を増やしたいと副業するサラリーマンの方が増えています。副業...

本業メイン副業はサブ

副業を始めると「新しいこと」「興味のあること」色々なことを覚えなくてはなりません。どうしても本業の会社よりも副業に目が行ってしまいがち。また、今までの給料+(プラス)お金を稼ぐことができるので「副業を頑張って、本業にやる気がでない」なんてこともあるんですよね。

私も「もっと稼ぎたい!」と副業を頑張ってしまいがちなんですよね。『でも本業があっての副業』もしも本業で収入が減ってしまったら副業の意味がなく余計辛いです。

「本業をしっかり行い、副業もしていく」気持ちで行いたいですね。

余裕を持たせる

副業でも期限つきの仕事を請け負うと、期限までに仕事を終えないといけないんです。副業だからといって適当にできないのは大変。途中で具合が悪くなったり緊急のことがあってもしっかり仕事をしなければならない責任が発生してきます。

期限が間に合わないからといって無理をしないように、余裕を持たせながら副業のスケジュールを管理していくのが大切なんです。

会社のもので副業しない

会社のパソコンやスマホを使って副業をした場合、会社にバレてしまう可能性が高くなります。

あなたが、どのサイトを見ているなどは会社のサーバーを見ればすぐにバレてしまいます。もしも会社のパソコンで副業でしていた事がバレてしまった大変!会社のものを使用しての副業は控えましょう。

家庭や家族との時間は大切にメリハリをつける

副業家族
会社にバレないように自宅で副業をした場合、ダラダラとずっと副業をしてしまいがち。どうしても家庭や家族とのふれあいが少なくなってしまいます。副業も時間を決めて『ゆっくりする時間』『副業する時間』と分けてメリハリをつけるのが大切です。

家族との間がギスギスしないようにしっかり会話をして、副業で得たお金を家族に還元していきましょう。家族との時間ってお金よりも大切ですよね。

ネットでの副業で悩みが出た時など話ができるのは家族のみ。私の場合には妻とよく副業の話をしています。それだけでだいぶ悩みもなくなりますし、お互い理解しやすいと思いますよ。

仲良い同僚であっても誰かに言ってはダメ

どんなにバレないように行っても、バレてしまう可能性が高いのが自分。仲のいい同僚との飲み会の席であっても「副業してる」とは絶対に言ってはダメ。そこから会社に広がってしまいます。副業しているのを話していいのは家族のみ。

羽振りを良くしない

副業で収入が増えても羽振りを良くしたり、高い所持品を持っていると副業をしているのでは?と思われてしまいます。もしも副業で稼ぐことができてもコッソリしておきましょう。

確定申告は必ずする

副業で順調に収入が入っても全部が自分のものにはなりません。もしも副業で年間20万円以上稼いだ場合には、サラリーマンの私たちは医療費控除ぐらいしかお世話にならない「確定申告」を行わないといけません。

確定申告は国民の義務なので絶対にやらなくてはいけません!やらないと脱税として多く税金を徴収されるのはもちろん、会社にもバレます。
確定申告は大変でも行いましょうね。

関連記事

「もっと自由に使えるお金が欲しい!」 残業できなくなって生活がきびしいいくら働いても給料が上がらない。多くの家庭でも「このまま生活できるの...
「もう少しお金が欲しい」 「会社とは別に自宅でコッソリ副業したい。」 「会社にバレないで在宅ワークとかできるかな?」 と悩んでいません...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告