つみたてNISA入門|つみたて(積立)NISA前に知っておきたいメリット・デメリット

つみたてNISAのメリット・デメリット

「つみたてNISAはどういう制度?メリット・デメリットはあるの?」
「NISAとどこがちがうの?」

2018年1月から始まるつみたて(積立)NISA。ここでは「つみたてNISAってなに?」という方に制度について、私たちにどんなメリット・デメリットがあるのかできるだけ丁寧に解説してサポートしていきます。

つみたてNISAは少額でも始めやすく資産運用で利益を出しやすいコツコツ型の投資信託。誰でも使いやすくて資産運用するならオススメの制度です。

では早速「つみたてNISA」の制度について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




2018年1月から開始の「つみたてNISA」制度の要点

2018年の1月から開始されるつみたてNISA。つみたてNISA対象の口座開設は2017年の10月から手続き開始となります。

つみたてNISAの大きな特長は以下になります。その後にそれぞれについてメリット・デメリットも含めて詳しく解説していきますね。

  • 2018年1月から開始される
  • 利益の非課税期間が20年(現行のNISAは5年)
  • 投資額上限が年40万円(現行のNISAは年間120万円)
  • 長期の積立に適した投資信託が主体(現行のNISAは株や投資信託など)
  • 積立NISAと現行NISAは併用できない

少額投資非課税制度(NISA)の使い勝手が向上する。毎年40万円までの投資から得られる売却益などを20年間非課税にできる新制度を設ける。個人投資家に長期間投資してもらうことで、「貯蓄から投資へ」の流れを後押しする。

 新制度は2018年1月からスタートし、37年まで投資できる。現行のNISAとの併用は認めず、利用者はどちらか選択する。投資対象は信託期間が20年以上のものや毎月分配型でないものなど、長期の分散投資に適したものに限る。対象の商品は今後、金融庁が金融機関などと協議して決める。

 現行NISAは非課税が5年間で投資上限は120万円だ。5年で計600万円分の投資が非課税になるが、新制度は計800万円分が非課税になる計算だ。
出典:日経新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS08H4Q_Y6A201C1EE8000/

つみたてNISAのメリット

利益の非課税期間が20年と長い

つみたてNISAのメリットは投資信託によって得た利益を非課税とする期間が20年間と長く、その間に得た配当金や譲渡益に税金がかからりません。

少額で始めることができるためドルコスト平均法を使いながら効率よく分散投資を始めることが可能。また現行のNISAでの5年間に比べて20年間と長期保有していることで利益が伸び結果が出やすくなるんです。

現行NISAの5年間だけでは利益を出すには運用期間が短くアクティブなファンドを行う必要ありました。その為損する方も多かったんですね。

つみたてNISAは現行のNISAで課題となっていた5年間を伸ばすことで利益がだしやすくなり、ファンドも長期間を見込んだインデックスファンドが主体となります。

ドルコスト平均法
ドル・コスト平均法(英: dollar cost averaging)とは、株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。定額購入法ともいう。金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。例えば「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」という手法。
高値掴みのリスクを避けるための時間分散の一種であるが、数量を等分するのではなく、金額を等分する点が単なる分散と異なる。価格が高い時は購入数量が少なく、安い時には多いため、単純な数量分割に比べ平均値の点で有利になるとされる。
出典:wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E5%B9%B3%E5%9D%87%E6%B3%95

インデックスファンド
インデックスファンドとは、ファンドの基準価額がある指標(インデックス)と同じ値動きを目指す運用をする投資信託のこと。
出典:wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%89

800万円分が非課税になる

現行のNISAの場合には年間120万円で計600万円分の投資となるのに比べて、つみたてNISAの場合には年間40万円で少額であっても計800万円が非課税になります。つみたてNISAの方が節税効果が高いですね。

つみたてNISAのデメリット

つみたてNISAのデメリット
つみたてNISAのデメリットとして5つあります。それぞれについて解説していきます。

年間40万円が上限額

年間40万円ということは月に3万3千円程度。現行のNISAは年間120万円(月10万円)と比べて半分以下。短期的に大きく投資することには向いていないんです。20年間という長い期間を使って投資を行い利益を出していくのでアクティブに行いたい方は現行NISAの方がオススメ。

損益通算ができない

もしも特定口座で株などの利益があり、つみたてNISAで損益があった場合でも差額を引くような損益通算はできません。その場合には特定口座での利益分は課税対象になってしまいます。現行NISAでも同様に、損益通算ができないので2重で損してしまう可能性があるんです。

現行NISAと併用ができない

現在NISAを行っている方はつみたてNISAを行うことができません。つみたてNISAを開設するためには現行のNISAを解約しなければならないんです。

スイッチングができない

つみたてNISAの途中で違うインデックスファンドに切り替える場合、商品の切り替えとしてスイッチングができます。つみたてNISAの場合には新たに買い換えることはできますが、それまでに買っていたファンドはそのまま保有しておかなくてはなりません。既に積み立てたファンドを別のファンドに交換することができないんです。

1人ひとつの口座が対象

1人につき1つの証券口座が対象で、複数の申込みを行った場合には最初に申し込みを行った口座のみ対象となるので注意が必要。口座を開設する場合には各証券会社のキャンペーンや特典などを見て申し込みを行った方がいいですね。

ちなみに楽天証券・SBI証券・マネックス証券などが主な証券会社でオススメです。

メリット・デメリットまとめ。つみたてNISAは結局どれを選べばいいのか

つみたてNISAを行う場合には期間が長いので信託報酬の低いファンドを選ぶのが重要です。限定された投資信託の中から選びますが、いつでも引き出しができるのがメリット。分散投資しすぎると大きく稼ぐことも難しくなってきます。20年という長いスパンで保有していくことになるのでメリット・デメリットを考えながら購入した方がいいですね。

2018年の1月までに色々なファンドが登場していくるので注意深く見ていきましょう。

つみたてNISAを行う際には各証券会社でキャンペーンや特典が行われています。

ちなみに楽天証券・SBI証券・マネックス証券などが主な証券会社でオススメです。

2018年1月からつみたてNISA制度(積立NISA制度)が始まります!楽天証券ならNISA、ジュニアNISAとも国内株式手数料実質0円!投信信託も手数料無料のノーロードを多数ご用意!
オンライントレードならSBI証券(旧SBIイー・トレード証券)。株式・投資信託・債券などをお取り扱い。業界屈指の格安手数料と豊富な情報、充実のサービスで投資ライフをしっかりサポート!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告