コインチェックが改善報告書提出で業務継続!どう動けば正解?

コインチェック 相場 今後 仮想通貨

こんにちは。仮想通貨にハマっているサラリーマンのkazuです。
2月13日にコインチェックが改善報告書を提出しました。そして提出後の記者会見では業務の継続を表明。流出したNEMの保障や凍結されているビットコイン以外のアルトコインについても再開を行なうと言っていましたね。

コインチェックの改善報告書提出

最近の仮想通貨の冷え込みが厳しいなかの発表。

コインチェックは13日に日本円の出金もできるようになっていて、1日に406億円の出金に応じています。

とりあえずコインチェックの事件・話は一段落したのではと思いますね。
今後はアルトコインの取扱再開があれば市場は動くと思うけれど、日時の指定もされていないので今後の暴落にも気をつけたいところ。

テザー問題は影響なく?

2月の14日にテザー問題の話があるのでは?と話題になっていましたが、16時半の時点では暴落はなく、チャートも上昇傾向に!

テザー問題って、仮想通貨の闇の部分なのでこの冷え切った相場では悪化を招くとして結局話し合わないんじゃないかと思いますね。

テザー問題ってなに?

コインチェック騒動後の相場の展開

結果、今が仮想通貨の「底」と考えたほうが良さそうですね。今後はG20が3月にあるのでそれまではとりあえず緩やかに上昇していくと思います。
ザイフトークンが14日に底上げがあったので2月のロックアップを狙っている方は今のうちにどうぞ!

さらにリスクが2月16日にアップデート予定なのでこちらにも期待です。

仮想通貨は寝かせて待て!

コメント