サラリーマンの扶養控除内で結局いくら働けば得なの?新たにできた106万円と配偶者控除の対応

家計

そろそろパートでも始めようかな?とパートで働いた場合、働きすぎてしまうと税金を多く取られてしまったり、扶養から外れしまったり。扶養内で働くには収入を調整する必要があって悩みます。

税金のことって理解するのが難しくてよく分からないですよね?

扶養内でパートをする場合に一度は耳にする税金対策、扶養の範囲内で働く「103万円の壁」と「130万円の壁」。周りの話からなんとなく耳にする言葉ですが、この扶養控除の話って難しいし混乱してしまいます。

実はさらに今後この「103万円の壁」と「130万円の壁」が崩壊し新たな壁ができるかもしれません。扶養の範囲内で働く主婦の方達には大きな問題。

分かりにくく混乱しがちな「103万円の壁」と「130万円の壁」の『扶養控除の壁』の悩み。一体どうなっているのか、私たちはどう対応すればベストなのかを解説したいと思います。

103万円の壁って何?所得税の配偶者控除と配偶者特別控除

夫の扶養に入っている主婦の方が年収103万円以内であれば、夫の所得から38万円が控除され税金の負担を軽減する「103万円の壁」とも言われる『配偶者控除』。パートで働く方はこの103万円以上にならないように調整しているんですね。

103万円以上の収入がある場合には夫側の控除金が段階的に下がり、最終的には141万円まで所得税の控除がある『配偶者特別控除』があります。配偶者特別控除の控除額はこの様になっています。

    ・103万円超-105万円未満:38万
    ・105万円以上-110万円未満:36万
    ・110万円以上-115万円未満:31万
    ・115万円以上-120万円未満:26万
    ・120万円以上-125万円未満:21万
    ・125万円以上-130万円未満:16万
    ・130万円以上-135万円未満:11万
    ・135万円以上-140万円未満:6万
    ・140万円以上-141万円未満:3万

そして現在この『配偶者控除』『配偶者特別控除』の見直しをする動きがあります。

これから変わる配偶者控除の見直し案と対応は?

Plan

見直しされて『配偶者控除』を103万円から150万円に引き上げて控除が受けられるようにし、150万円以上の収入が合った場合でも201万円まで段階的に控除される『配偶者特別控除』になります。

実施時期は2018年1月から今までパートで103万円までの収入に縛られ調整していた方がより多く働ける環境にするタメだそうです。控除される条件としては夫の年収が1,120万円以下の場合に適用されます。

130万円の壁って何?新たに設けられた106万円の壁との違い

収入が130万円以上になると健康保険や年金の支払いが発生します。そして従業員501人以上の企業で1年以上働き、週20時間以上の勤務の方に限り106万円から健康保険や年金の支払いが2016年の10月から始まりました。

106万円以上の収入で以下の条件に満たしている方は健康保険や年金の支払いが必要になります。

    ・週20時間以上労働
    ・年収106万円以上
    ・継続して1年以上勤務
    ・従業員数501人以上

現在は501人以上の企業に勤務している方が対象と大きな企業だけですが、今後は対象者を増やして行く見込みのようですので今後あなたも対象になってしまうかもしれません。

もしも106万円で健康保険の支払が発生した場合には、手取りは90万円程度で収入103万円の方よりも損をしてしまうネジレが生じてしまうんですね。健康保険の特典もいいですが収入が減ってしまうのは辛いですね

結局いくら働けば得なの?新たにできた「106万円の壁」と扶養控除の対応

「106万円の壁」ができたため、対象となる方で今まで130万以下の収入で働いていた方は収入を106万に調整しなくてはならなくなるか、仕事を増やす必要が出てきます。

106万円の健康保険の対象でなければ129万円が1番得する収入でしょう。

健康保険をとるか収入をとるかの2択で、あなたの働き方を考えてみてください。健康保険をとりつつ収入を増やすならば収入160万円以上で総収入が増えていく計算になります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう