サラリーマンの【副業禁止】対策!就業規則で知っておきたい2つの知識と『裁判例』

「生活が厳しくて副業してお金を稼ぎたい」
給料の昇給も見込むのは難しい時代。あなたも一度は考えたことありませんか?

そして気になるのが会社の就業規則。多くのサラリーマンが企業の就業規則を見てみると『副業するのは禁止』と書かれていますが、法律では副業を禁止していないのを知っていましたか?

実は法律では就業時間外で副業するのは一部例外を除いて本人の自由になっています。

わたしも副業をしているサラリーマンです。副業がバレないか不安になります。わたしと同じ様に考えていないでしょうか。不安にあり副業について色々調べ悩みを解決しました。

この記事では副業をしたいと考えているサラリーマンの方に、知っておきたい副業に関する知識と判例、そして今後の副業についてを紹介したいと思います。

そもそもどうして会社が副業を禁止しているの?副業禁止の2つの理由

多くの会社の就業規則で「副業禁止」と書かれていますよね?会社側も副業を禁止するワケが大きく2つあるんですよ。

副業禁止1:会社の勤務に支障をきたすから

会社終わりに深夜のアルバイトを行い、「会社に遅刻してしまったり勤務中に眠くなってしまった」など何か支障が出てしまう可能性があるため。

副業禁止2:会社の秘密の漏えいや不利益を与える可能性があるため

会社と同業の副業を行った場合には会社の機密情報をもれてしまったり、会社の不利益になる可能性があるため

企業側アンケートで約6割が今後を含め「副業を認める」という事実


2016年12月に東京商工会会議所では700社の企業に対して中小企業の兼業・副業に関する実態調査がまとめられました。

実態調査では今後を含めて約6割の企業が副業を認めていく方針となっているのに驚きでですね。将来的には副業禁止は過去の規則となり自分で自由に副業できる社会になるのかもしれません。

そして将来的にも副業を認めないという企業も約4割。もしもあなたが副業を行いたいと考えているならば安全の為にも【バレないため】に注意しなければいけません。
https://zaijob.net/fukugyou-kakuteishinkoku/

kengyourisa-chi
政府では働き方改革の議論が始まったところだが、多様な人材の活躍推進、イノベーションの創発・経済活性化、起業の促進(起業リスクの低減)につながるとして、兼業・副業の普及・促進が注目されており、中小企業の現状と認識について調査した。

➢兼業・副業を「現在・将来共に認めない」が43.0%と最も多くなったが、「積極的に推進している」も15.2%に上った。

➢積極的に推進することにより期待する効果としては、「人材育成・従業員自身のスキル向上につながる」が46.2%と最も高くなった。

➢兼業・副業について「やむを得ず認めている」「現在は認めていない」と回答した事業者に懸念する事項について聞いたところ、「従業員自身の長時間労働・過重労働を助長する」が56.2%と最も高く、次いで「営業機密や情報の漏洩、利益相反につながる」が39.0%となった。昨今の長時間労働への問題意識の高さがうかがわれる結果となった。
出典:東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2016年10-12月期

裁判での副業に関して「就業規則での兼業全面禁止は特別な場合を除き認められない」

副業や兼業の二重就職について裁判も行われており、副業や兼業について法的見解が出ています。

私企業の労働者は一般的には兼業は禁止されておらず、その制限禁止は就業規則等の具体的定めによることになるが、労働者は労働契約を通じて一日のうち一定の限られた時間のみ、労務に服するのを原則とし、就業時間外は本来労働者の自由な時間であることからして、就業規則で兼業を全面的に禁止することは、特別な場合を除き、合理性を欠く。

(中略)軽労働とはいえ毎日の勤務時間は六時間に亙りかつ深夜に及ぶものであって、単なる余暇利用のアルバイトの域を越えるものであり、したがって当該兼業が債務者への労務の誠実な提供に何らかの支障をきたす蓋然性が高いものとみるのが社会一般の通念であり、事前に債務者への申告があった場合には当然に債務者の承諾が得られるとは限らないものであったことからして、本件債権者の無断二重就職行為は不問に付して然るべきものとは認められない。
小川建設事件から

副業禁止対策 まとめ

副業禁止の理由としてやはり長時間労働・過重労働での支障が多く挙げられています。ネット副業であれば、ある程度自分のペースで副業が可能になり本業への影響ありません。

また副業によって広い視野で物事を見ることができるようになるので、あなたのスキルアップにもなるのでオススメですよ。会社に依存しすぎない生活を送ってみてはいかがでしょうか。

クラウドワークス

クラウドワークス
moppy(モッピー)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう