在宅ワーク内職のメリット・デメリット。始める前に読んでおきたい6つのこと

在宅ワークはてな
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




在宅ワーク内職を始めるとどんなメリット・デメリットがあるの?始める前に読んでおきたい6つのメリット・デメリット

「在宅ワーク内職に興味があるけれど、実際始めたらどうなんだろう?」
在宅ワーク内職を始めると、あなたにとってどんな事メリット・デメリットがあるのか気になりますよね。

在宅ワーク内職に興味はあるけど始めてから「こんなはずじゃなかった‥。」と思う前に読んでおきたいメリット・デメリットを紹介していきます。

メリット1:育児などあなたのライフスタイルに合わせられる

在宅ワークでの一番のメリットは自分のライフスタイルに合わせられるということ。家のことと仕事を両立しやすく、家事の合間や子供の送り迎えまでの間、家族が寝てからのプライベートな時間など家にいながら時間を有効に使えばいいので無理せず仕事ができるのが最大の魅力です。

また在宅ワークの魅力は子供が熱を出してしまった時なども臨機応変に対応できたり、会社勤めでは難しい自分のプライベートな時間も自由に取れるのも大きなメリットです。

メリット2:年齢に関係しない

会社勤務の場合は年齢制限があるので勤務するのが難しかったり、定年退職したシニアの方の仕事も探すのは大変です。在宅ワークの場合には年齢制限がないので自分の得意となる分野や新たにチェレンジしたりすることができます。

メリット3:場所による制限がない

在宅ワークではもちろん通勤などは必要ありません。私にとってはコレはかなりの魅力に感じます。都心部などの満員電車で押し潰されそうになりながら電車に乗ることもない。車の渋滞で1時間ほどの通勤時間を取られることもありません。通勤ってかなりのストレスですよね。

デメリット1:休暇・病気はお金に直結する

住宅ワークでは自分で仕事を行う自営業。自分が休んでしまうと給料もストップしてしまいます。風邪などで数日動く事ができなければ収入にも響いてしまうのが辛いですね。もしも仕事の納期が迫っていたら体調が悪くても自分がやらなければいけません。体調管理をしっかりしなくてはなりません。

デメリット2:時間は自分で管理する

在宅ワークは自分が時間を管理しなくてはダラダラと1日が終わってしまいます。家事や子供のことなどを優先にすることはできますが、しっかりと在宅ワークを行う時間を決めて仕事を行うことが大切です。

デメリット2:仕事と家との区別がしづらい

先ほどの「時間は自分で管理する」と内容は似ているかもしれません。自分の気持ちの中で仕事モードと家モードを区別し仕事に集中し行う必要があります。

デメリット3:ココロのゆとりが逆になくなることも

在宅ワークを行っていると子供を見ながら仕事をしなければならなかったりする場合があります。「どうしても今日はココまでやらないと」と頑張っているところに子供の泣き声。ストレスが倍増してしまいます。在宅ワークでは自分の時間を取れる部分もありますがココロのゆとりが逆に失わない様に気をつけなければなりません。

まとめ:ココロを豊かにすることを忘れずに

在宅ワークでは会社勤めに比べて自分の時間や家事などの両立をしやすく場所や時間に縛られることがなく充実できる日が過ごせるのがメリットです。その逆に仕事と家との区別が難しいとのデメリットも考えながら在宅ワークを行えば有意義にチャレンジすることができますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告